液状化 災害保険 地震保険 リスタ 補償

液状化 災害保険 地震保険 補償 保険は出るの?


液状化 災害保険 地震保険 補償 保険会社
について考える

地震の災害 液状化の時も補償が出るという保険のリスタ


他の災害 地震保険に加入しても両方加入できて、両方から補償の保険金を受け取れるという。


世帯当たりの人数によって300万〜900万円の補償になるとか。

では、東京 浦安のような液状化の時、どのくらいの程度で保険がおりるのかというと


全壊 半全壊 半壊 部分壊など補償率があって
建物の20%は壊れないと保険は下りないそうです。

また、全国の液状化しやすい県もあったり
地域によって保険も違うそうなので、よく比較して
保険に加入したほうが良いそうです。

う〜ん、どれにしたらいいか分からない・・という時は

保険相談の決定版!保険のプロが無料で最適保険を選択「保険のgift」

で聞くと無料で教えてくれます。

損得のない公平な保険を考えてくれると口コミでも評判です。


ただ、今川地区では液状化によって道路が冠水して
住民が、自動販売機の取り出し口の上のほうまで
水が上がっていた状況を目の当たりにして、恐怖を覚えたそうです。

地盤沈下を起こして、ビルが船のように浮いている不思議な光景になるとも予想されていますし、

液状化が、今の被害だけで収まれば良いのですが・・
まだ余震があったりと安心できない状態なので、

地震保険に入っておけば良かったということにならないようにしようと
思いました。

また、
液状化では、地割れがいたるところに起きるのでマスクが必要です。

地面から舞う埃によって、後に ぜん息の病気にかかる傾向が多いとのこと。

ちょっとそこまで、という時もちゃんと防災 マスク

健康にも十分配慮して過ごしましょう。


◆地震で家の中の壊れた物保険は出るの?

リスタの保険では、
★地震で壊れた物や家電も保険の補償範囲内だったと思います。

他の保険でも 今回の地震で、どの保険会社も大変らしく、

ある一定の基準で一部損内なら「見舞金」扱いで5%を補償しているそうなので
今後は、どの保険会社もそれに一律になるかもしれません。

保険会社が調査にくる時は、事前に壊れた箇所をチェックして
・リストを作成する
・写真を撮る

などして漏れのないようにしておくと良いそうです


家以外の場所の保険はでる?

また、敷地内や私道の損壊や沈みは
建物だけが地震災害保険に当たるので、保険金はおりないことになります


車の地震災害保険は出るの?

車のマフラーに泥が入った時は動かさないようにしましょう。

地震災害では保険は適応されません。
レッカー車を呼ぶのも高額になるので
車の保険も入っておいたほうが良いかもしれません。


■備考 液状化の起こりやすい地域について

東京の田町という所は湿田の跡で
田町という地名は特に地震の時は液状化の恐れがあるようです。

今までは、まったく保険のことなんて考えていなかったけど、
自分のことは自分で守る。
ってことを考えていかないといけないなと思いました。




posted by リコー! TV 通販話題のニュース at 17:19 | 地震 液状化 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県久喜市の液状化/地震 災害保険 地震保険 問題


埼玉県久喜市の液状化/地震 災害保険 地震保険 問題

これが液状化の大問題!
地盤調査で分かる液状化の起こりやすい土地
◆日本全国の液状化 危険地域マップ
◆>地震 災害保険 地震保険ランキング

◆液状化 行政による補償金300万円
ーーー

今回の地震で、埼玉県久喜市の南栗地区は、内陸部にも関わらず
激しい液状化が起こりました。


地震災害 液状化現象による住宅の傾きなぜ起こるの?

昔、田んぼや沼地だった所の上に住宅を建てて液状化に!

旧河道、旧沼地、砂丘間低地、盛土地、埋立地、湧水地
などの場所が地震災害の液状化が起こりやすい土地ですが

過去に、人口増加の為に 田んぼなどにも
砂で埋め立ててできた土地を住宅街に次々と作ってきたので、
埼玉県久喜市の南栗橋地区は地下に硬い地盤がなく砂だらけだという。

通常なら、硬い地層の支持層と言われる深さがあり、そこに
液状化対策・耐震対策工事として 杭を打ち込む必要があるが、
砂状なので施しようがない。

その他にも全国で、このように住宅不動産ブームの頃に
地震災害で液状化の起こりやすい地区で造られた住宅街は多いという

この久喜市の場合は、自治体が誘致した土地だったので、それを信用して
高い価格で新築住宅を購入した住民が、

「説明がなかった。安全ではなかったのか」と

補償責任を訴えていましたが、自治体は自己負担・自己責任でとの対応。


今回の地震で、地震災害の液状化が起こり 埼玉県久喜市の一部の地区で
住宅の玄関口まで水が上がったり、斜めに傾いてしまった家が多いそうです。

業者に 地盤調査を頼んだところ、砂だらけの土地だったことが分かり
傾いた家を水平にする方法は、家の傾いて下がった側をジャッキで持ち上げるなど
その工事は200万円するそうです。


★では、地震保険・災害保険はおりるの?

地震保険・災害保険に入っていた人は保険がおりるのか
気になるところ

ほとんどの災害保険では
全壊で最大でも50%の補償だそうです。

なので一番良い災害・地震保険でも
液状化の地震保険がおりる確率はかなり低いそうです。

というのも、今回 住宅が液状化で傾いたところは2、3pほどで
割合で言うと、10mの横幅に対して50pくらいは傾いていないと全壊と認定されないそうです。

日本は地震が多くこういうリスクも起こることが多いので、低めに設定されているそうですが
まだ家の住宅ローンが残っている人やリフォームをしたばかりの人もいるでしょうに・・

また行政では、やはり全壊の認定で300万円を補償するという金額だそうです。

このニュースを見て心配になった方、
住宅購入してしまい、自分の土地はどうなの?と思われた人は
一度地盤調査をお願いしてみてはと思います。

役場の課税課に行くと、データが残っていれば 土地の権利書を持って名義人または代理人が行けば
宅地の前の状態が 山林・砂地・畑など調べられるかもしれませんが・・

液状化しやすいマップも調べてみてはと思います。

日本全国の液状化 危険地域マップは
過去に日本の液状化した地域の履歴マップが分かるそうです。

しかし、住宅不動産は
人口が少なくなってきた今、もう一度土地の評価方法を決めて
正しい価格を見直す時期ではないのかな?と思います。

それにしても、地震の液状化
私も知らなかったから驚きな事件でした。

「行政が、国が、自治体が、不動産が」と
ちゃんと上が教えてくれないのが悪いみたいな話になっていたけど

自分で調べようと思えば、ネットでも図書館でも過去の地図なども閲覧できるし
そもそも海外では地震の多い、プレートの上の島の日本ていう国に住む事自体が
世界で一番過酷な環境で、最大のリスクだって思われてるくらいだから

分かった上で自己責任ていう部分もあるのかなあ〜・・
と深く考えてしまいました

知ろうとしないことは損するのと同じだ。
無知は悪だ。。


 って誰かが言ってたな、そう言えば。

今までの自分を猛烈に反省・・ (貯金しとけば良かった。。)

たちまち、災害・地震保険に入っておこう

posted by リコー! TV 通販話題のニュース at 16:03 | 地震 液状化 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震 液状化 対策 防災 液状化現象 東京

地震 による液状化 対策 防災 どうなる?

地震 による液状化 対策

東京湾臨海部の埋め立て地で激しい液状化を引き起こしています。

液状化現象とは、

水を含んだ地盤が地震によって強度を失う現象です。

一般に液状化現象が発生しやすい場所としては、
旧河道、旧沼地、砂丘間低地、盛土地、埋立地、湧水地などが考えられます。

東日本地震により液状化した場所

真岡で地割れ、液状化、崖崩れ、陥没あり
真岡女子校東側道路が地割れで通行止め

海浜幕張
京葉線で、舞浜から先、液状化
ディズニーランドも地割れ液状化
液状化した東京ディズニーランドの駐車場では、
泥から車を引き出す作業が行われました

浦安のあたりは川にそって地割れやブロック崩壊。

海浜幕張いたるところに舗装されていたブロックもバリバリに。

京葉線、国道357(湾岸道路)の海側の 幕張。
台場で地割れと液状化


・水戸にも地割れ
偕楽園、千波湖周辺の道路も地割れ。
JR偕楽園駅も電車が不通で影響

・常磐道は道路がつぎはぎだらけに。 ジャンピングスポットも出来ています。

新浦安 セブンイレブン明海店前の液状化も話題になりました。


じゃあ、東京の液状化現象は大丈夫なのか?と思い調べてみました
液状化 防災マップより

■液状化のギリギリ大丈夫?な地域一覧
以下の地域より海側は液状化注意です。
東京23区 湾岸地域

板橋区板橋3丁目
荒川区 西日暮里3丁目 田端3丁目
台東区 上野 東上野3丁目
中央区 日本橋1丁目 岩本町2丁目 丸の内1丁目
港区 芝公園 財務省 虎ノ門2丁目 芝大門2丁目 三田1丁目
北品川1丁目 南品川5丁目 東大井3丁目 大井6丁目
品川 西大井6丁目 旗の台4丁目
大田区 久が原3丁目 東雪谷1丁目

液状化による災害どうなる?

液状化により、流動化・土石流化災害が起こる恐れがあります。

山の場合は、木と一緒に地面がズレる土石流など起こる場合があるので防災マップを参考に。
てっぽう水には十分注意してください。石などの落下物にも注意

また液状化によって、道路のいたるところが地割れ・液状化を起こして、スリップ・交通事故の危険があります。
地震の時はすぐに停車しましょう。

また地震の液状化により、地下のマグマに振動が行き、火山噴火も予測されています。
今後の地震情報もチェックが必要です。


液状化の防災 災害対策 家屋・建物

液状化危険度が高い地域では、
液状化 耐震補強
家具の固定
防災 ラジオ 手回しタイプもありますので、ラジオを付けるか、地域の避難勧告にしたがい
その時々の状況により次の行動を判断しましょう。

液状化では、地割れがいたるところに起きるので防災 マスク
が必要です。
地面から舞う埃によってぜん息の病気にかかる傾向が多いとのこと。

posted by リコー! TV 通販話題のニュース at 04:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 液状化 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。